KIDSステージ野崎



スタッフブログ KIDSステージ野崎

  • 瑞光苑
  • 和光苑
  • 舎利寺リハビリテーションセンター
  • グラート大今里
  • 和光苑北条ふれあいホーム
2018年12月 6日
わくわく教室(11月)

11月24日に第17回のわくわく教室を行いました。

初めに、「おーちたおちた なーにがおちた 」のリズムに合わせて手遊びをしました。ピーマンやスイカのような食べ物のカードが出たらそれを手で受けて食べ、歯ブラシ やキリンのような食べることのできない物のカードが出たら、手は頭に置くという遊びをしました。間違わないようにするためには、お題を注意深く見て、聞いて判断をする必要がありましたが、集中しながらも楽しく遊ぶことができていました。みんなにもお題を出してもらうために、前に出て発表をするという経験ができたことも良かったと思います。


IMG_6855.JPG


その後、今回のメインテーマである『パラバルーン』をしました。みんなで風を感じることを楽しみました。ブルーシートの上にみんながのって"ばさっばさっ"とシートを揺らしたり、シートの下をくぐったりと平面ではなくボコボコとなったブルーシートの中で思いっきり遊ぶことができました。


IMG_6915.JPG

みんなに座ってもらい、『波が来たー』とシートを波に見立てて遊ぶとその波を追いかけてみたり、自分に覆いかぶさるシートで視界が狭まる事を感じることも体験しました。お友達の楽しそうな声と笑顔を見て、『楽しい』を共有する事を経験出来ました。


IMG_6804.JPG

IMG_6785.JPG

次にブールシートで作ったトンネルをくぐって遊びました。狭い幅の空間を通ることで、遊びの中で自分の体の大きさを知る事に繋がりました。次の順番のお友達に、「こうしたらいいよ」とコツを伝えてくれる場面もあり、教えてあげることの大切さも感じてもらいました。みんなで盛り上がることができました。今回のパラバルーンは、全身で感じる感覚遊びとして子どもたちに楽しんでもらいました。

最後に"ぴょーん"という絵本を読みました。絵本に出てくるカエルやウサギの真似をして飛んでみたりと楽しみました。バッタが出てきた時には「足が6本ある!」と気が付き、子どもたちが先生におんぶしてもらい、自分の手足と先生の手で6本のバッタのようにぴょーんと飛んで楽しみました。ただ絵本を楽しむのではなく、細かいところに注意して絵本を見てくれました。


IMG_6846.JPG

次回のわくわく教室は12月22日(土)です。

お申込み・お問い合わせ
電話 072(863)1221 (月から金曜日 9時から17時)

2018年12月 6日
KIDSラボ教室(11月)

11月23日にKIDSラボを行いました。

今回のテーマは、『紙粘土でペン立てを作ろう』でした。

ペン立て作りの粘土には、素材に独特の感触がありますが、普段触り慣れていないものに触れる驚きや、触れたときに自分の手に返ってくる重さなどを感じながら作りました。


IMG_0798.JPG


どれだけの力を加えると粘土が薄くなるのかを考えながら、ビンに粘土を薄く貼り付けることができていました。紙粘土の色を混ぜてもいいことを聞くと、赤と青で何色になるのか疑問をもって考え、実際に混ぜる事で紫になることに気がつく事もできましたね。


IMG_0823.JPG

最初から出来上がるまで、集中を切らさずに自分がイメージするものを形にすることができたことにとても成長を感じました。自分の好きな形や色、ビーズの貼り方やシールの貼り方などにも工夫をして完成させることができて、子どもたちも達成感を感じている様子でした。

IMG_0841.JPG


最後に箱の中身は何だろう?のゲームをしました。


IMG_0839.JPG

最初に箱の中に入る物(コップ・箸・皿・スプーン・フォーク)を見た後に、どれが入っているか箱の中身を触って当てました。中身が見えない状態でそれぞれの特徴を判断して当てることができていました。

12月のKIDSラボは2回に分けて開催します。
12月21日(金)16:45ー17:30 定員4名
12月25日(火)10:00ー10:45 定員4名 対象は小学生です。


お申込み・お問い合わせ
電話 072(863)1221 (月から金曜日 9時から17時)

2018年11月 9日
ハロウィンパーティ

10月は3回に分けてハロウィンパーティを行いました。
みんなでかぼちゃのお菓子入れとマントを作りました。


IMG_6272.JPG


10月26日のKIDSラボのかぼちゃのお菓子入れ作りでは、かぼちゃの形にする画用紙を
自分で、はさみを使って切りました。次に、両面テープをはがし、紙コップに貼りました。
工程の多い作業ですが、お母さんたちにも見守ってもらいながら一生懸命に取組み、最後まで
頑張って完成させることが出来ました。「できた!」と喜び、子どもたちが達成感を得られた
時間でした。


IMG_0245.JPG


その次は目と口のパーツの裏についている両面テープをはがし、かぼちゃのお菓子入れに
貼り付けました。後半の少しお兄さんお姉さんコースのみんなは、ついていない片方の
モールの取っ手を紙コップの小さな穴に通しモールに巻き付ける作業もありました。
細かい作業でしたが、集中してできていました。


IMG_6430.JPG


次のマント作りでは、大きなカボチャに目や鼻、口をつけ、シールを貼り、自分だけの
オリジナルマントを作ります。自分で描いた絵を貼ったり、目をキラキラシールにしてみたりと
子どもたちが様々な工夫をこらして作ってくれました。自分だけの世界に1つしかない
素敵なマントが出来上がりました。


IMG_6480.JPG


さっそく出来上がったマントを嬉しそうに着て、写真を撮りました。用意しておいた
ハロウィン用の帽子や杖、メガネ等の中から自分で好きなものを選び、仮装もして
写真を撮りました。杖を持って魔法をかけて遊んだりと普段とは違った衣装を着て
思い思いのキャラクターになりきり楽しみました。最後には「トリックオアトリート」のくじを引いてお菓子をもらいました。一人ずつ順番に引いた番号のお菓子を
もらいました。みんなのおかげでとても楽しい素敵なハロウィンパーティーになりました。

IMG_0303.JPG

IMG_6315.JPG


次回のKIDSラボは11月23日(金曜日)
16:45ー17:30 です。


次回のわくわく教室は11月24日(土曜日)
Aコース  9:15ー10:00
Bコース 10:30ー11:15 です。


お申込み・お問い合わせ
電話 072(863)1221 (月から金曜日 9時から17時)
メール kids_stage_nozaki@kyouseikai.org


2018年10月 2日
2018年10月1日 慶生会KIDSステージ四條畷 開設しました

障がい児通所支援事業所(児童発達支援・放課後等デイサービス)

☆慶生会KIDSステージ四條畷☆

平成30年10月1日開設しました。
IMG_6166.JPG


場所:四條畷市楠公2丁目10-16 2階 (慶生会リハbyデイ四條畷の2階です)
   JR学研都市線「四条畷」駅 下車徒歩5分
対象児童:0歳から18歳 (保護者の方と一緒に通っていただきます。)
営業日:月~金 9:30~18:00 (お盆・年末年始を除く)
サービス内容:小集団プログラム(3~4人)
       個別言語訓練・指導
       発達・言語検査

KIDSステージ野崎は『遊び』
KIDSステージ四條畷は『学び』をコンセプトとしており、
それぞれの特色がありますので、併用していただく事も出来ます。

職員は、臨床心理士・言語聴覚士・発達障がいコミュニケーション指導者など、
子どもさんの発達のプロ集団ですので、安心してご利用頂けます。
まずは、お気軽にご相談下さい。

072-803-0707


KIDSステージ四條畷ご案内.jpg

KIDSステージ四條畷サービス内容.jpg

2018年9月 3日
わくわく教室

7月・8月 夏のわくわく教室をまとめてご紹介いたします。

7月はキラキラボトル工作をしました。


IMG_5340 (2).JPG


照明を消して、よく振ったボトルに下からライトを当てると...水の中の小物がキラキラ光ります。
「うわー!」「きれい!」と子どもたちの歓声。
その後の作り方の説明もじっと聞いてくれました。
自分のお道具箱をもらって、シールを貼ったり物を入れた後、「キラキラ、こっちに並んで?」「ぷにょだま、こっちに並んで?」というスタッフの声に応じてちゃんと順番に並びます。
大事なボトルに素敵な物を入れてもらうのをじっと待つ一人一人の瞳も、ボトルに負けずキラキラしてましたよ。

IMG_2524.jpg
 出来上がったボトルを眺めるキラキラタイム。
一人の子が「あ! 天井みて!」というと、ボトルを通したライトが天井に映ってキラキラユラユラしていました。
それを見て、別のお友達が「横も見て!」というと、壁にも水の輝きが映し出されていて、他のお友達もまねして壁や天井に光を映して楽しみ始めました。
発見が伝染していく、集団ならではの想定外の楽しみ方です。


8月はティッシュの箱を使って車を作りました。


IMG_5763.jpg
「マイティッシュカー」まずは、ティッシュの箱と運転席の色を選びます。
姉弟で色がかぶってしまった時、じゃんけんで負けたお姉ちゃん用に同じ色を用意しようかと思ったのですが、さすがお姉ちゃん。すぐに納得して違う色に替えてくれました。

 箱と箱をくっつけて、ヘッドライトとナンバープレート、窓や運転手(それぞれの顔写真シール)を貼ります。

シールのはくり紙を外すのが難関でした。
しかし、そこはKIDSの子、「せんせい、やって」と頼む子、先生と一緒にやる子、一人で最後までやりとげる子、さまざまでした。
 形が出来上がると、目玉シールやキラキラシール、動物ピックやオリジナルのデコレーションで個性的な車に仕上げていました。

 できあがると、それぞれ走らせて遊びました。ペットボトルのフタで作ったタイヤが、ビューンとよく走りました。1人ずつの発表では、スピンしたりターンしたりと派手な走行を見せてくれましたね。

IMG_2524.jpg

 工作を2か月続けてみましたが、みんな見通しをもってしっかり取り組めていたのがとても印象的でした。

|< 1 2 3 4 5 6 7 8 >|

カレンダー

<   2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新の記事

カテゴリー

最近のトラックバック


COPYRIGHT (c) KEISEIKAI ALL RIGHTS RESERVED.