介護サービス診断

あなたにあったサービスはなんでしょうか。YES・NOに答えてぴったりのサービスを見つけましょう。

介護サービス診断

ショートステイ

特別養護老人ホーム

グループホーム

介護付き有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

リハビリ特化型デイサース

認知症デイサービス

生活介護型デイサービス

カルチャークラブデイサービス

訪問介護

訪問看護

地域包括支援センター

その他

生活支援事業

短期入所生活介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。 
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などが、常に介護が必要な方の短期間の入所を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練などを提供します。

イメージ


詳しくはこちら

「特別養護老人ホーム」は、介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。まずは、この「特養」と呼ばれる施設をお探しになる方も少なくありませんが、誰でもすぐに入居できるわけではありません。
ご入居の対象となる方は、65歳以上で要介護1~5の認定を受け、常に介護が必要な状態で自宅での介護が困難な方ですので、寝たきりや認知症など比較的重度の方、緊急性の高い方の入居が優先となります。そのため、入居待ちの方が非常に多く、全国の入居待機者数は約40万人とも言われています。入居までに早くて数ヶ月、長い場合だと10年ほどかかることもあります。

イメージ


詳しくはこちら

医師の診断により認知症と診断を受けた方で、要支援2~要介護5までの介護度の方が入居する事ができる施設です。
少人数(1ユニット・5人~9人)の家庭的な環境において、地域住民との交流下で、入浴・排せつ・食事等の介護や日常生活上の機能訓練をケアスタッフの支援を受けながら、自立した共同生活を営むことができます。

イメージ


詳しくはこちら

介護付き有料老人ホームは、日常生活を送るという生活の拠点としての場所ほか、食事介助や入浴、排泄介助などの介護サービスや居室の掃除・洗濯などの日常生活の支援、健康管理・健康相談を行います。介護サービスは、24時間体制で施設の介護スタッフが行い、医療機関との連携により、健康管理や緊急時の対応、療養胃必要な処置が提供されます。

イメージ


詳しくはこちら

住宅型有料老人ホームは、原則として食事などの生活支援サービスだけを提供するホームです。
介護サービスを受けるしくみは一般の住宅に住んでいる場合と同じで、入居者本人やご家族が外部の居宅介護支援事業者のケアマネジャーにケアプランを依頼し、外部の介護サービスを利用します。有料老人ホームに併設されいる介護事業者を使う場合も外部という扱いになります。

イメージ


詳しくはこちら

病院では十分なリハビリを受ける事が出来ずに退院され、もう少しリハビリをして元気になりたいと感じておられる方や最近足腰が弱ってきたと感じておられる方に、マシントレーニングやアクアトレーニング、スリングエクササイズ等を、運動療法の専門職(理学療法士・トレーナー)が科学的根拠に基づきご利用者のトレーニングメニューを作成し、一人ひとりの状態に合わせた自立支援サービスを提供します。

イメージ


詳しくはこちら

認知症という疾患をお持ちの方に対して、スタッフが個別に関わり、耳を傾け、ゆったりと心地よく過ごしていただける空間をプロデュースし、住み慣れたご自宅や地域で暮らし続けるために日常生活上必要な機能の維持や身体のケアを行います。
また、その方を支えておられるご家族様が抱えておられる不安等を専門的な知識や技術を持ったスタッフが一緒になって寄り添い、その人らしい生活が過ごせるようなサポートを行います。

イメージ


詳しくはこちら

日常生活上不自由に感じておられること(入浴や食事等)を寝台浴槽等の介護に適した設備で専門的な知識と技術を持ったスタッフがご利用者の気持ちに寄り添って安心安全に提供しています。
また、閉じこもりがちなご利用者の孤独感の解消並びに家族以外の人と交流する機会だけでなく、介護を行っている家族様が普段なかなかできない家事や趣味の時間をとり日頃の疲れを軽減することもできます。

イメージ


詳しくはこちら

認知症状が初期から中等度の方やMCI(軽度認知障害)の方に対して、一人一人の能力を見極め、専門の講師が『文化療法』を通じて、五感から様々な刺激を脳に与えることにより、脳機能を活性化させ、認知症の予防又は進行を抑制し、IADLの回復並びに社会参加への意欲向上が図れます。
また、認知症状の進行度合いを定期的に測定・データ化することで現状を把握し、自信の回復と自己向上力を持てるように支援します。

イメージ


詳しくはこちら

訪問介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援をします。通院などを目的とした乗車・移送・降車の介助サービスを提供する事業所もあります。

イメージ


詳しくはこちら

生活支援事業は『暮らしを、便利に" 明日を、元気に"』を合言葉に。介護保険の枠外の、「どこに頼んだらいいかわからない」「誰か代わってほしい」などのお困りごとがございましたら、是非、ご相談ください。親切丁寧にスタッフが対応致します。

イメージ


詳しくはこちら

訪問看護とは訪問看護ステーションから、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問します。看護ケアの内容としては、療養上のお世話、医師の指示による医療処置、在宅でのリハビリテーションなどを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。

イメージ


詳しくはこちら

■ケアプランセンター

ケアマネージャー(介護支援専門員の資格者)が、介護に関する相談、要介護認定の申請代行を行います。要介護認定後は、ご本人やご家族の意向を元に、介護を利用される方が可能な限り、ご自宅においてその方の能力に応じた日常生活を営むことができる様、ご本人に合った介護サービス計画を作成します。  又、要介護認定を受けられた方だけに限らず、在宅の高齢者の方々やご家族に対し、介護等に関しての必要なサービスを、総合的に受けられるよう市町村やサービス提供機関等との連絡調整を行います。

詳しくはこちら

■地域包括支援センター

地域包括支援センター(ちいきほうかつしえんセンター)は、介護保険法で定められた、地域住民の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関である。各区市町村に設置される。2005年の介護保険法改正で制定された。
センターには、保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士が置かれ、専門性を生かして相互連携しながら業務にあたる。
法律上は市町村事業である地域支援事業を行う機関であるが、外部への委託も可能である。要支援認定を受けた者の介護予防マネジメントを行う介護予防支援事業所としても機能する。

詳しくはこちら

イメージ


■自費サービス

自費サービスとは介護保険や障がい者の支援制度では対象とならないサービスを行います。
ワンコインサービスは15分間で、制度サービスの続きで行います。(換気扇掃除・草木の水やりなど)
マイサービスは30分単位で単独サービスとして行います。(病院待ち時間の付添い・ペットの散歩・お墓参りなど)

■生きいきカフェ

近隣の住民の方へ向け、ゲーム、レクリエーションなどを行い、介護相談も行える集いの場を提供しています。

■四條畷健康フェア

近隣の要介護・要支援認定を受けていない方に向け、理学療法士を中心としたスタッフが姿勢測定、筋力、聴力、骨密度測定などを行い、身体の事のご相談に乗らせていただく。
要介護、要支援が必要な方にはケアマネを紹介させていただきます。

■介護予防塾

レッドコードを使った全身運動を約40分。筋力トレーニングマシンを使った筋力トレーニングを約40分。休憩を入れて合計約90分間過ごしていただくことになります。
レッドコードエクササイズでは、バランス能力を鍛える運動やリズムにのって運動をし続けるエアロビクス的な有酸素運動も行っています。音楽がかかった中で10名ほどの集団で運動をしますので、楽しく、元気に運動していただいています。
筋力トレーニングは、合計9種類のマシンを使った筋力強化運動を、参加者の皆さんの筋力に合わせたプログラムで実施していただいています。主に太ももからお尻周りの筋肉を鍛えるマシンとお腹回りから背中回りを鍛えるマシンに分かれています。
運動の専門家であるトレーナー(運動指導員)と理学療法士が合計3名体制で支援をしますので、安心して運動に取り組んでいただけます。

■巽東地域 健康セミナー

健康や認知症などの相談や予防のための運動・講座を行っています。

■東住吉 東田辺地域:認知症予防プログラム

ウォーキングや男性料理教室などお気軽に取り組めるプログラムから認知症予防につながる取り組みを行っています。

イメージ


ケアプランセンター・地域包括で相談を承ります。
詳しくはこちら

PCサイト | スマートフォンサイト