リハ室だより(ブログ)

第10回新人セラピスト勉強会!!!

慶生会訪問看護ステーション 作業療法士の木川真司です。

 

今回は新垣PTから「新卒として入職した立場から後輩へ」のテーマで勉強会を開催して頂きました。

 

今回の勉強会の中で一番印象に残ったことは「本当に利用者様のニードを叶えられているか」です。

利用者様が「腰が痛い」と言っているのに、セラピスト側の一方的な考えで別の個所をアプローチすることは、

利用者様にとって最善のサービスではない、そのサービスに満足していない、場合がある。これに気づくことができました。

写真1

利用者様の声を聞きとることは本当に難しいです。

なぜなら、口にする言葉だけが全てではないからです。

利用者様は今、何を思っているのか・感じているのか、正面からしっかり向き合うことが大切だと知りました。

 

今まで僕は自分の勝手な考えでリハをしていたかもしれません。

新垣PTの講義を聞いてから、利用者様の声を何から何まで聞き取るように意識しています。

これに気づけたことに感謝しています。

本当にありがとうございました。

 

IMG_0665

 

 

文責 慶生会訪問看護ステーション 作業療法士 木川真司

このページはお役に立ちましたか?