リハ室だより(ブログ)

寒い季節到来!!

皆さん、厳しい寒さが続きますね。

この時期、トイレが非常に近くなります。

高齢の方は勿論、私たちも寒さでトイレが近くなってしまいます。

イラスト①

今回は、高齢者の夜間頻尿についてお話をしたいと思います。

夜間頻尿の原因には、膀胱蓄尿障害(膀胱容量の減少)、

多尿(24時間容量の増加)、夜間多尿(夜間尿量の増加)、

睡眠障害などがあります。

 

その中でも、今回は基本的な頻尿のメカニズムについて説明したいと思います。

 

①   膀胱蓄尿障害(膀胱容量の減少)

加齢とともに、過活動膀胱や前立腺肥大症は増加するが、蓄尿の障害、もしくは残尿量が増え機能的膀胱容量が低下することで頻尿になります。

組織学的:加齢に伴い膀胱の平滑筋成分が減少し、結合組織成分が増えることによって、膀胱の収縮力低下、コンプライアンス減少、機能的膀胱容量の減少などが生じます。

神経学的:膀胱収縮に関係する興奮性の神経と神経伝達物質は全体的には亢進します。

 

②   夜間多尿

高齢者は、夜間に下垂体後葉からの抗利尿ホルモンの分泌が低下し、夜間尿量が増加します。また、加齢に伴い尿の濃縮力低下に加え、食事摂取後の速やかな排泄能が低下し、夜間の尿量増加が生じることになります。

 

その他、頻尿になる原因は様々ありますが、次は頻尿対策(特に自分で行えること)について紹介したいと思います。

 

1、水分量の調節を行う

水分をしっかりとることも必要ですが、飲むものを選ぶことも大切です。特にアルコール類やコーヒーやお茶などカフェインが含まれているものは利尿作用があるため、気を付けて飲みたいですね。

イラスト②

2、膀胱訓練を行う

自分の排尿をコントロールするための訓練です。尿意を我慢する練習を、短い時間から少しずつ延ばしてきます。最初は我慢する時間を5分程度に設定し、最終的には2~3時間に延ばしていきます。排尿した時間や量などを日記につけると、自分の排尿傾向を把握することもできます。

イラスト③

3、骨盤底筋のトレーニングを行う

女性の場合、骨盤底筋の筋力低下により頻尿になるケースがあります。

ここでは、骨盤底筋のトレーニングの方法を紹介します。

①    仰向けに寝て、膝を軽く曲げる。

②    尿道・肛門・膣をお腹の中に引きこむイメージでぎゅっと締め、力を入れる。このとき、他の筋肉が動いていないか確認しながら力を入れ、数秒~十数秒間数え、力を抜きます。

③    ①②の動きを繰り返し、何度か行います。この際、呼吸は止めないように注意します。

イラスト①

その他、昼間の適度な運動(20分程度の散歩)就床時の保温なども効果があるようです。

 

寒さが続くのもあと少しですが、出来ることから継続して行っていけば効果が実感できるかもしれませんね!

 

 

参考文献:青木芳隆、横山修:高齢者夜間頻尿の病態と対処

 

文責:巽東訪問看護ステーション 理学療法士 黒岡さや

 

ページの上部へ

あなたのおじいさん、おばあさんは自宅でどのような食事を摂っていますか?

以前、食支援の勉強会へ参加し、

管理栄養士の方の講義にて

とても興味深いお話があったので

今回、紹介させて頂きます。

 

現在、在宅療養されている

高齢者の方々の70%は

低栄養又は低栄養リスク状態

であると言われています。

 

低栄養状態とは

エネルギーとたんぱく質が欠乏し、健康な体を維持するために

必要な栄養素が足りない状態です。

 

写真①

資料からもわかるように

低栄養状態では生命予後が低くなったり、リハビリの効果が出にくいといった傾向があったりと良い効果がありません。

 

この他にも

免疫低下、傷が治りにくい、呼吸機能低下なども引き起こす可能性もあります。

 

では高齢者が低栄養になる要因は何でしょうか?

 

写真②

このように様々な要因がありますが、私が気になったのは低栄養の高齢者は食事バランスが偏っているという事です。

 

写真③

低栄養にならないためには食事の多様性(バランスの良い食事)を高め、たんぱく質を積極的に摂取する事で改善されると言われています。

 

 

皆さんのおじいさん・おばあさんもご自宅でどのような食事を摂られているか少し気にかけてあげてはいかがでしょうか?

 

文責:巽東訪問看護ステーション  春日美穂

ページの上部へ

巽東訪問看護ステーションでの取り組み!!

 

私たちステーションは事業所内で勉強会を開催しながら日々自己研鑽し、業務にあたっています。今回は月に1回開催される、OT座談会を紹介しようと思います。

IMG_0623

 

始めに少しOTの紹介をさせて頂きます。
OTは生活面のリハビリだけでなく、精神面のリハビリも得意分野としています。

精神面?と思われる方もいると思いますが、うつ病や認知症といった症状をお持ちの方のリハビリを得意としています。

 
同じリハビリのスタッフでもPT OT STでは勉強過程が違うため、得意分野も違います。
そこで巽東訪看ではOTのテクニックを共有しようと月に1回座談会を開催しています。
内容は認知症の種類に合わせた対応方法、認知症の利用者さまとの関わる際のポイントなどをOTが主体となって伝達する場を設けています。
IMG_0621
第1回目はアルツハイマー型認知症について疾患の特徴や、介入時の声のかけ方、家族様に対応方法を伝達する際のポイントなどを共有しました。
第2回目は脳血管型認知症について、疾患の特徴や、リハビリのポイント、支援をする際のポイントを共有しました。
第3回目はレビー小体型認知症について開催する予定です。

 
OT座談会の目標は、PT・OT・STのどのスタッフがうつ病や認知症などの利用者様に訪問しても症状の悪化を防ぎ、安定・改善ができるよう情報共有する場でありたいと考えています!!

 

 
文責 巽東訪問看護ステーション 西中佳那

ページの上部へ

副キャプテンつばさ 頑張ってます!!

こんにちは!

気温も下がり、朝布団からなかなか出られない季節になってきましたね。

 

さて、住道にある和光苑訪問看護ステーションに所属しているスタッフのご紹介です。

久保田翼、学生時代はサッカー部。

翼でサッカー部。。。そう、ご期待通り!副キャプテンです(笑)

暑い気持ちとサッカーボールを抱きしめて沖縄から来阪。

右も左も分からない在宅というステージで理学療法士として、先輩にビシバシ鍛えられ、毎日遅くまで勉強しながら、

早1年と8カ月が経ちました。

 

新しい画像 (1)

 

真っ直ぐな気持ちと屈託のない笑顔、みんなに愛されています。

新しい画像 (2)

⇒同法人内の発達支援センターでの様子です

子供たちからも人気です

 

休みの日も、他部署の手伝いをしながら

積極的にいろいろ経験しようという姿勢は変わりません。

新しい画像 (3)

⇒看護師の指導の下、口腔内の吸引をしています

座る練習の前の準備です

 

『理学療法士として、一個人として自分には何ができるか』

日々考え、毎日汗びっしょりかきながら利用者さまと向き合っています!

よろしくお願いしますm(__)m

 

~久保田君よりメッセージ~

はじめまして!
平成28年度の4月から和光苑訪問看護ステーションで働かせて頂いております、理学療法士の久保田翼と申します。
私は沖縄の専門学校を卒業して、ここ大阪で働かせて頂いております。
沖縄から出て早2年が経とうとしていますが、この2年間は本当に沢山の人たちに支えられていたな、と感じております。
理学療法士として、または県外に出てきて1年目で頼りない僕に対して、職場の先輩方やご利用者の皆様は優しく迎え入れて下さりました。
気付けば沢山の大阪のお父さん、お母さんが出来ていました(笑)
まだまだ未熟な僕ですが、お世話になった皆様に還元出来る様、また一人でも多くの人に貢献出来る様、今後も更に努力してまいります。
これからも宜しくお願いします!

 

文責:和光苑訪問看護ステーション 理学療法士 中馬洋輔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの上部へ

リハビリ勉強会で発表しました!

先日、法人内のリハ職での勉強会にて症例発表をさせていただきました。

 

正直、準備に追われているうちに本番を迎えたような形となりましたが、

同じ事務所の仲間や先輩方の助けをもらい、発表は無事成功で終えることができました。

 

今回の発表は成功事例として取り上げさせていただき、検討課題として僕たちが常日頃からおこなっている、必要不可欠な【連携】について話し合っていただきました。

画像①

 

成功事例の場合はヘルパーやケアマネージャー、リハビリ職などそれぞれがリーダーとなって多職種と連携しながら問題に取り組んだことで、結果的に本人様・家族様に貢献できる取り組みとなりました。

 

今回の発表を通して、それぞれの現場で起こった問題や対策を共有することの重要性や他職種への相談の必要性を改めて実感できました!

画像③

 

 

画像④

 

二人一組で行った【連携】についての話し合いは、予想以上の盛り上がりとなりました!

参加者の方の連携での工夫しているポイントを聞くことができて、とても勉強になり視野が広がったように感じました。

 

今回学ぶことができた連携の大切さや工夫を実践しながら、利用者様のための行動であることを常に忘れずに日々のリハビリに励んでいきたいと思います!

 

 

文責 巽東訪問看護ステーション 中江勇人

ページの上部へ

母校 沖縄リハビリテーション福祉学院の就職説明会へ行ってきました♪

台風21号が迫る中、沖縄リハビリテーション福祉学院の就職説明会へ行ってきました♪

今回は、新卒1年目の大城PTと一緒に♪

(慶生会には沖リハ卒のセラピストが6名在籍しています)

 

PTOTの学生合わせ20名近くの方々が慶生会のブースに来て下さり、

とても嬉しく、説明にも自然と熱が入ってしまいました(^O^)

IMG_3809

実際には、県内・病院志望の学生も多くいらっしゃいましたが、

僕としては、本説明会を通して学生自身が自信を持って就職先を選択できるきっかけになれれば。

と思いながらお話をさせて頂きました!!

やはり県外や1年目から在宅分野へ就職するというのは不安が伴うと思います。

実際、5年前の僕もそうでした(*_*)

 

ただ、自分が『ここで働きたい』と思える職場との出会いは

大切にしてほしいと思っています!

それが慶生会でなくても構わないですが、

そう思える場があればチャレンジしてほしいと勝手に思いつつ

大城PTとともに在宅で働くことのやりがいをお話しさせていただきました♪

IMG_3813

※話に夢中になりすぎて写真を撮り忘れ・・・説明会終了後にやらせ写真です。。。

 3人とも撮影協力ありがとうございます!笑

 

やっぱり同郷の後輩は可愛いもので・・・笑

今回、出会えた学生さんが

慶生会に見学にきてもらえたらいいな~と♪

 

また皆さんへ会えるのを心待ちにしています(^_^)/~

 

文責

和光苑訪問看護ステーション 新垣卓哉

ページの上部へ

母校 沖縄リハビリテーション福祉学院で特別講義をさせて頂きました♪

去る、1019日に沖縄リハビリテーション福祉学院において、

理学療法学科(昼間部・夜間部)最終学年への特別講義として講師をさせて頂きました!!!

 

『訪問理学療法』として依頼を頂きましたが、

何かを教えると言うほどの自信もなく・・・((+_+))

ただ僕なりに伝えたいことは、たくさんあったので

今回は知識を教えるではなく想いを伝えることに全力を注ぎました!!

 

先ずは学生が思う・考える「訪問リハのイメージ」についてのディスカッション♪

IMG_3752

昼間部

まずはじめに挙がったのが「1年目からは難しい」というもの。。。

もちろん簡単とは言いませんが、整った教育体制でしっかり着実に学べば1年目から訪問リハも出来ます!

実際に慶生会には新卒で訪問に携わっているスタッフも多いです!

また「リスク管理」「ゴール設定」「連携」など、慶生会として大切にしている事も挙がり、

その点は僕が学生だった頃よりも意識は高いなと感じました!

「エンターテイメント性」って言葉もいいですね♪

 

IMG_3753

夜間部

「おやつをもらえる」「孫を紹介される」なんて意見もありましたが!笑

確かにあるかもしれないですね!(^^)!

また「小児」や「末期」などの「重症例」が多い。というイメージも挙がりました!

 

講義では、今の日本の在宅現場の情勢から、実際の現場レベルの話まで。

また学生にはより身近に感じて頂こうと思い、

実際に、当法人で関わっていた社会復帰やがん末期の看取りの利用者様を通して

具体的な「訪問リハ」の仕事を紹介させていただきました!

 

学生から「理学療法士は誰かの人生のサポートをできるいい仕事ですね!」

と言われたのが非常に強く心に残っています!!!

 

この講義を受けて、

在宅で働く「難しさ」「厳しさ」だけでなく「楽しさ」「やりがい」を

感じてもらえていたらいいな。と思っております。

 

IMG_5979

講義後、学生に書いて頂いたアンケートには

『在宅で』『訪問で』働いてみたい!といった言葉がありとても嬉しく、

それを読んでいた帰りの飛行機では感動しっぱなしでした(T_T)

 

初めての講師でつたない部分もあったかと思いますが、

僕自身は在宅で働いているこの5年間を振り返る良いきっかけとなりました!

また真剣に講義へ取り組んでくれた学生の皆さんと

このような貴重な機会を依頼いただいた学院の先生へ心から感謝いたします!

本当にありがとうございました(●^o^●)

 

沖リハのブログにも授業風景掲載いただいています!

http://omoto-okiriha.ac.jp/blog/

 

文責

和光苑訪問看護ステーション 新垣卓哉

ページの上部へ

松崎病院にて言語聴覚士による摂食・嚥下に関する勉強会を開催しました。

   去る、105日に医療法人同仁会 松崎病院にて「摂食・嚥下評価~治療について‐PTでもできる嚥下評価とリハビリテーション‐」をテーマに勉強会をさせて頂きました。

 松崎病院①

 

回、PTでもできるリハビリとして、食事の姿勢と誤嚥の関係性について特に力を入れてお話させて頂きました。食事中のムセが多く誤嚥が心配される方でも、少し食事姿勢を整えるだけでムセが減り誤嚥予防に繋がる事があります。姿勢や全身の事についてはPTの専門性が高いです。PT目線で食事場面を評価して頂く事によって、摂食・嚥下障害の方により良いアプローチができるのではないかと思っています。

松崎病院②

 

松崎病院④

当法人特養金子STによる嚥下音評価

 

 お話させて頂いてのは評価とリハビリの流れが中心で、その後の質疑応答では「このような方どうしたら良いですか?」と今まさに困っている方について質問がありました。全てに完璧お答えすることは難しく申し訳なかったのですが、今後も交流の機会を持ち、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

摂食・嚥下障害について、医療・介護職でも対応方法を知らない方が多いのが現状です。このような機会を持ち、地域ぐるみで摂食・嚥下障害への理解、誤嚥予防をしていくことができればと思っています。

 

文責:慶生会大今里訪問看護ステーション

言語聴覚士 岸本彩佳

 

ページの上部へ

東住吉区での取り組み!

東住吉区にて10/15(日)に東住吉区民フェスティバルが開催されます。

①子どもから大人まで誰が気軽に参加できる(世代間交流)

②区民同士の交流を図る(地域交流)

③より賑わい、楽し区フェスに(地域活性)

の3点を目的としており、この催しに「東住吉地域リハビリテーションネットワーク」の一員として参加させて頂く事となりました!

 

今回は「ケアカフェ東住吉」様と一緒に盛り上げていくこととなっており、ただ今打ち合わせの真っ最中です!

写真①

皆で「どうすれば興味を持って頂けるか?」、「どのようなことが望まれているのか?」を夜遅くまで話し合いました。その結果もあり、とてもいい議論が出来ました!

 

東住吉区では他職種での距離が近いことが特色ではないかと思います。今回のように地域で働く看護師・理学療法士・作業療法士や社会福祉士と手を取り合って東住吉区を盛り上げていこうという活動はとても刺激になります。

 

どの年代の方も楽しんでいただけるように色々考えておりますので、よろしければご参加くださいませ。

写真②

 

文責 慶生会巽東訪問看護ステーション東住吉サテライト 中山恭介

ページの上部へ

巽東健康セミナーを開催しました!

6月10日に瑞光苑にて、健康セミナー(家族介護教室)を開催致しました。

今年も講師を務めさせていただき、「転倒予防!健康寿命を延ばそう~アタマとカラダ、うまくつながっていますか?~」というテーマで講義と転倒予防の体操を行いました。

 

講義では下記5点を中心にお話し致しました。

①    平均寿命と健康寿命

②    健康寿命を脅かす転倒・骨折

③    転倒しやすい場所と骨折しやすい部位

④    転倒の要因

⑤    転倒予防について

画像①

「寿命」と「健康上問題なく生活できる期間」には9年~13年の差があります。

 

画像②

要介護に至る原因の中で「高齢による衰弱」と「転倒・骨折」が占める割合は脳血管疾患、認知症についで第3位となっており、1日あたり323人以上が転倒し、5分に1人は転倒していると言われています。

 

転倒の原因として、「足の筋力の衰え」は思い浮かぶと思います。

もちろんそれも原因の1つですが、筋力の衰えがなくても転倒することがあるように、もう1つ別の原因が存在します。

私たちは、普段の日常で「スーパーを歩きながら今日の献立を考える」、「家族と話しをしながら調理をする」など2つ(あるいは、それ以上)のことを同時に行っています。一方で、この様な「2つのことを同時に行う能力」は加齢とともに衰えてくることが知られており、このアタマの能力も転倒に影響すると言われています。

つまり、転倒予防には「筋力を鍛える運動」と「アタマを鍛える運動」が必要となります。

 

 

画像④

講義の後は実際にアタマとカラダをうまくつなげるための体操を参加者の皆様とご一緒に行いました。

今回の講義と体操が少しでも地域の皆様の転倒予防に寄与できれば幸いです。

慶生会では、このような健康セミナーを毎年開催させていただいています。ご興味がございましたらぜひ一度ご参加下さい。

文責 慶生会巽東訪問看護ステーション 中本貴大

ページの上部へ

このページはお役に立ちましたか?