新着情報

入職してもうすぐ1ヵ月!

今年の4月より入職しました10年目理学療法士の蔦幹大です。

まずは簡単に自己紹介から、私は平成21年に大阪リハビリテーション専門学校を卒業し、理学療法士となりました。急性期病院での勤務から始まり、回復期リハ専門病院へ転職、通所リハビリや訪問リハビリ等も経験し、患者さんや利用者さんと同じ時間軸に沿って移ってまいりました。

 

病院での勤務は限られた時間の中でできる限り最大限の能力向上を目指したサービスを提供し、どうすれば家に帰れるのか、どうすれば自立し自分らしく生活できるのかということを一途に考えてきました。

最後に患者さんを笑顔で見送ることができたときは本当に達成感で満たされ、また思うような結果とならずに自身の不甲斐なさに悔しさを噛みしめることもありました。

そうして関わった方々の表情は今でも忘れず記憶に残っています。

 

ただその時にいつも感じていたことは、果たしてこれでよかったのか、退院してからの生活はどうなっているのか・・・

真の意味でのリハビリテーションは実は退院後に始まるのではないかという事を考えるようになりました。

ご高齢の方であればご自身の余生の過ごし方や社会的・家庭的な役割を持つこと、お若い方は家族を養ったり、所属する会社でこれからバリバリと働いていくことであり、そういう社会的なリハビリテーションを達成することが本当の課題であると感じるようになりました。

 

私が関わる方の生活再建に資することが重要な役割であると自覚する一方、さらに社会的な役割を持つことのお手伝いや歳をとっても元気で自分の好きなように生き、孤独を感じることなく生活を続ける事ができるような理学療法士となる事もこれからは必要な役割であると思っています。

 

大言壮語で恥ずかしいばかりですが、そういった私の思い描くリハビリテーションというものを形にできる環境がこの慶生会にはあると思い今に至っています。

 

まだまだ現場に馴染む事や業務に慣れる事など自分の事ばかりではありますが、即戦力として第一線で活躍できるようこれからも邁進してまいります。

これから皆様どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_E0553

文責 慶生会訪問看護ステーション 理学療法士 蔦幹大(つたみきひろ)

このページはお役に立ちましたか?