新着情報

母校 沖縄リハビリテーション福祉学院で特別講義をさせて頂きました♪

去る、10月19日に沖縄リハビリテーション福祉学院において、

理学療法学科(昼間部・夜間部)最終学年への特別講義として講師をさせて頂きました!!!

 

『訪問理学療法』として依頼を頂きましたが、

何かを教えると言うほどの自信もなく・・・((+_+))

ただ僕なりに伝えたいことは、たくさんあったので

今回は”知識を教える”ではなく”想いを伝える”ことに全力を注ぎました!!

 

先ずは学生が思う・考える「訪問リハのイメージ」についてのディスカッション♪

IMG_3752

昼間部

まずはじめに挙がったのが「1年目からは難しい」というもの。。。

もちろん簡単とは言いませんが、整った教育体制でしっかり着実に学べば1年目から訪問リハも出来ます!

実際に慶生会には新卒で訪問に携わっているスタッフも多いです!

また「リスク管理」「ゴール設定」「連携」など、慶生会として大切にしている事も挙がり、

その点は僕が学生だった頃よりも意識は高いなと感じました!

「エンターテイメント性」って言葉もいいですね♪

 

IMG_3753

夜間部

「おやつをもらえる」「孫を紹介される」なんて意見もありましたが!笑

確かにあるかもしれないですね!(^^)!

また「小児」や「末期」などの「重症例」が多い。というイメージも挙がりました!

 

講義では、今の日本の在宅現場の情勢から、実際の現場レベルの話まで。

また学生にはより身近に感じて頂こうと思い、

実際に、当法人で関わっていた社会復帰やがん末期の看取りの利用者様を通して

具体的な「訪問リハ」の仕事を紹介させていただきました!

 

学生から「理学療法士は誰かの人生のサポートをできるいい仕事ですね!」

と言われたのが非常に強く心に残っています!!!

 

この講義を受けて、

在宅で働く「難しさ」「厳しさ」だけでなく「楽しさ」「やりがい」

感じてもらえていたらいいな。と思っております。

 

IMG_5979

講義後、学生に書いて頂いたアンケートには

『在宅で』『訪問で』働いてみたい!といった言葉がありとても嬉しく、

それを読んでいた帰りの飛行機では感動しっぱなしでした(T_T)

 

初めての講師でつたない部分もあったかと思いますが、

僕自身は在宅で働いているこの5年間を振り返る良いきっかけとなりました!

また真剣に講義へ取り組んでくれた学生の皆さんと

このような貴重な機会を依頼いただいた学院の先生へ心から感謝いたします!

本当にありがとうございました(●^o^●)

 

沖リハのブログにも授業風景掲載いただいています!

→http://omoto-okiriha.ac.jp/blog/

 

文責

和光苑訪問看護ステーション 新垣卓哉

このページはお役に立ちましたか?