新着情報

松崎病院にて言語聴覚士による摂食・嚥下に関する勉強会を開催しました。

 去る、105日に医療法人同仁会 松崎病院にて「摂食・嚥下評価~治療について‐PTでもできる嚥下評価とリハビリテーション‐」をテーマに勉強会をさせて頂きました。

松崎病院①

 

今回、PTでもできるリハビリとして、食事の姿勢と誤嚥の関係性について特に力を入れてお話させて頂きました。食事中のムセが多く誤嚥が心配される方でも、少し食事姿勢を整えるだけでムセが減り誤嚥予防に繋がる事があります。姿勢や全身の事についてはPTの専門性が高いです。PT目線で食事場面を評価して頂く事によって、摂食・嚥下障害の方により良いアプローチができるのではないかと思っています。

松崎病院②

 

松崎病院④

当法人特養金子STによる嚥下音評価

 

お話させて頂いてのは評価とリハビリの流れが中心で、その後の質疑応答では「このような方どうしたら良いですか?」と今まさに困っている方について質問がありました。全てに完璧お答えすることは難しく申し訳なかったのですが、今後も交流の機会を持ち、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

摂食・嚥下障害について、医療・介護職でも対応方法を知らない方が多いのが現状です。このような機会を持ち、地域ぐるみで摂食・嚥下障害への理解、誤嚥予防をしていくことができればと思っています。

 

文責:慶生会大今里訪問看護ステーション

言語聴覚士 岸本彩佳

 

このページはお役に立ちましたか?