仕事を知る

慶生会で活躍している仕事のご紹介

保育士

ただ子どもを預かれば良いというだけでなく、保育園での生活を通して、基本的な生活習慣を身につけさせる指導や子どもの安全の確保、集団生活の大切さなど保育士が責任を持って教えていかなくてはなりません。
時間的にみると子どもの親と同じくらい、もしくはそれ以上の時間を保育士と過ごすわけですから、子どもの成長に影響する役割として大切な存在となっています。
「なぜいけないのか?」「そういうことをしたら相手はどう思うだろうか?」といった根本的なところから子どもたちが納得するまで丁寧に指導します。

職種一覧