人を知る

新垣 卓哉 | 訪問看護ステーション 理学療法士

“利用者様第一”という考え。

高校は福祉科がある学校を選び、介護福祉士の資格を取りました。
また専門学校は夜間部に入学し、日中は高校で取得した資格を活かす為に
高齢者専用住宅とデイサービスが併設されている施設で働きました。
しかし、その施設には理学療法士がおらず理学療法士の専門学校に通っていた私が施設の上司から
「何か運動を考えてやってみて」と言われレクリエーションや運動を行っていました。
しかし、まだ学生で未熟だったために利用者様の身体が動きやすくなったり、
痛みが軽減したりなどの効果を出すことが出来ず、
「こういう介護現場にも理学療法士がいれば、もっと利用者様の生活は良くなるはず。」
「自分自身に理学療法士としての知識や技術があれば…」と悔しく悶々としていました。
そのような経験があり、理学療法士になった時には介護分野で、
また在宅生活をしている方々の為にという想いがあり、この仕事を選びました。
慶生会を知ったきっかけは、専門学校時代の同期から。
沖縄リハビリテーション福祉学院へ慶生会が就職説明会に来た際に、
話を聞いた同期から「すごくいい就職先があった!」
「訪問リハの施設でも新人教育に力を入れているらしいよ!」と聞いたことです。
最初は興味本位と友達が見学に行くからといった単純な理由で慶生会の施設見学へ行き
リハbyデイ、訪問リハの見学とその後の勉強会、懇親会まで参加させて頂きました。
慶生会を選んだ理由としては、
見学の際に慶生会で出会ったスタッフが皆“利用者様第一”という考えのもと仕事をしていたことです。
在宅で関わるセラピストとして利用者様、またはそのご家族の為にできる最高のサービスを提供しようと取り組まれており、参加させて頂いた勉強会でも、セラピストの専門性的な学びもありましたが、
話の中心は利用者様でした。
そのようなスタッフを見て「自分もここで働き利用者様に信頼され必要とされる理学療法士になる」と決めました。
またその後に参加させて頂いた懇親会では先輩の方々がとても優しく接してくださり、
その中には同郷で同じ専門学校の先輩がいたことも沖縄から出てこようと思えるひとつ理由でした。

ご利用者様のニーズを叶えたい。

私は理学療法士として訪問看護ステーションに所属し、
在宅生活を送っている方々への訪問リハビリを行っています。
理学療法士として心身機能の改善や福祉用具の提案、
またはご家族やヘルパーへの介助指導などが主な仕事です。
対象は主に高齢者で、多くは様々な病気や怪我を患っていて、
在宅生活が“安心・安全”に送ることが出来ていない方々です。
ご利用者様には「一人でトイレに行きたい」、
「歩いて買い物に行きたい」など様々なニーズがあります。
ご利用者様と日々関わっていくなかで少しずつ状態が改善し、
生活が変わったことや想いが叶った事を笑顔で報告していただけることが日々の励みになると同時に、
ご利用者様・ご家族様の人生に関わる責任ある仕事であると身を引き締める機会を与えてくれます。
しかし残念ながら現在の医療・介護の技術では叶えられない
ニーズを持つご利用者様もいらっしゃいます。
その中でも実現可能な目標をご利用者様にご提案し、成功体験を重ねていただけるよう努めています。
また在宅のご利用者様には、
看護師・ヘルパー・福祉用具のスタッフ等、多数の職種の者が関わっています。
理学療法士として最大限のことを行いつつ、
多職種共同、多職種連携を行い慶生会として“利用者様第一”という想いでサービスを提供しています。

先輩のようになりたい。

新人の頃は日々の全てが精一杯で一生懸命でした。
沖縄から出てきて初めての県外の生活、社会人として仕事をするということ、
そして理学療法士として成長し利用者様に関わって行くことの全てが大変でした。
しかし先輩方が何かあれば教えてもらい、助けてもらい、
いま自分がどのような方向性に向かって取り組んでいけば良いか
という道標を作ってくださっていました。
どんなことでも相談に乗ってくれ、ときには先輩の失敗談も教えてもらいました。
特に利用者様と関わり、信頼を得て治療をし成果を挙げていく姿を見せてくださったことが大きな糧になっています。
現在は4年目になり後輩もでき、新人教育や必要な場面ではリーダー的な役割を担い引っ張っていくことも任せていただけるようになりました。
後輩をもって改めて先輩方が支えてくれていたことを実感しています。
私が新人の時に先輩にしてもらったように後輩へ想いを込めた指導を心がけています。
先輩方は理学療法士としての専門性にも長けており、尚且つ社会人として、
人として見本になる部分を多く見せてくださいます。
自分にはまだまだ足りないところが沢山ありますが、少しでも先輩に近づけるよう日々頑張っています。

一覧へ戻る