人を知る

和田 瑛 | 地域包括支援センター 予防プランナー・保健師

看護師ではなく、「保健師」を選んだ理由。

私は今年の4月に入職して、予防プランナー兼保健師として地域包括支援センターで働いています。世の中には保健師として働く場はたくさんありますが、その中で地域包括支援センターを選んだのは、地域の方々との距離が一番近いというところに魅力を感じたからです。私は看護学部出身で、看護学部では、看護師になるのが一般的。私も最初は看護師になるつもりでした。でも、大学時代に入院生活を送ったことをきっかけに、病院で働く以外の道もあるのではないかと考えるようになりました。病院という特殊な空間で過ごしてみて、「いつもの自宅が一番だな」「家族といっしょに暮らしたいな」と実感し、それはきっとみんな同じ気持ちなんだろうなと感じたんです。自宅で暮らしたくてもそれが叶わない、そういう方の力になれる仕事をしたいと思いました。慶生会は、地域との関わりが深く、ご家族様とより近いところでご利用者様に暮らしていただけます。「自宅で暮らしたい」「家族の近くで暮らしたい」という思いをサポートできる、自分のやりたいことに一番近いのではないかと思い、この仕事を選びました。

電話対応ひとつが、ご利用者様の幸せに繋がる。

大学は看護学部だったので、医療に関する勉強が中心で、介護業界は私にとって全く新しい世界でした。慶生会としても、保健師の新卒採用は初めての試みだったのですが、教育制度は本当に充実していて、月に3回ほど個々のレベルに合わせた外部セミナーに参加させていただいています。例えば認知症のセミナー、予防プランナーのノウハウに関してのセミナー、コミュニケーションを取るための傾聴力セミナーなど、働く上で必要な様々なスキルを磨くための機会を与えてもらえます。また現場で働く中でうまくできない部分が出てくると、その場で「なぜうまくできなかったのか」を一緒に考え、アドバイスしてもらったり、勉強会を開いてもらいます。以前、介護保険の件でお電話があったとき、専門的な話だったこともあり、しっかりとご相談に応えることができませんでした。それを見ていた先輩は、すぐに介護保険に関しての勉強会を開いてくれて、電話口での対応の仕方だけでなく、電話対応がどうして大切なのかというところまで教えてもらいました。「電話は、ご利用者様、ご家族様にとっての最初の窓口。だから相手が不安を抱かないよう、知識を持っているだけでなく、親しみやすさを感じてもらうことが大切なんだよ」と。物事にはなんでも理由があって、常に「どうしてそうなるんだろう?」という疑問を持って取り組む、それが成長に繋がるんだということを慶生会に来て学びました。
そうやって今まで教えていただいたこと、新しく吸収したこと、それらを日々の業務にどう活かすか、それは自分次第だと思います。介護業界という新しい世界で、まだまだ学ぶことはたくさんあります。先輩方から、そしてご利用者様から学んだことをたくさん吸収して、何事にも挑戦し、ステップアップしていきたいです。

保健師としての、新たな道を開拓したい。

介護業界での予防プランナー・保健師の仕事は、今まさに仕事内容が広がりつつある段階だと思います。今後一人立ちをしたら、次は自ら予防プランナー・保健師としての新しい道を開拓していきたいと思っています。看護学部では、ほとんどの人が看護師への道を選ぶので、まだまだ地域包括支援センターでの仕事はマイノリティーな分野です。私は介護業界で働く保健師のパイオニアとなりたいと考えています。予防プランナーはこういう仕事ができるんだ、保健師はこんなに素晴らしい形で社会に貢献できるんだということを、仕事を通して伝えていきたいです。今の看護学生が「やってみたいな、やりがいがありそうだな」と思える新しい道を開拓していきたい!今の自分にはまだ大きすぎる目標かもしれません。でも、慶生会なら叶えられると思うのです。それは、自分の意見を伝えられる環境や、挑戦したいという気持ちを受け止めてもらえる体制があるから。何より介護施設の保健師という仕事が、業界的にもまだ一般的ではないということは、チャンスだと思うんです。誰もが通ったことの無い道を進むことは、大変なこと。でも誰もがやったことのないことをできるのは、自身の成長に繋がるに違いないと思っています。私はそのチャンスを活かして、スキルアップをし、保健師としての新たな道を開拓していける人間になりたいと思っています。

一覧へ戻る