人を知る

藤原 知子 | グラート大今里 支配人

「より良い支援」のため。支配人として今、何ができるのか。

現在は有料老人ホームグラート大今里の支配人をしています。介護師、フロアチーフを経験し、グラート大今里は立ち上げから施設運営に携わってきました。中でもフロアチーフに着任したときが、自分の人生の転機だったと思います。それまで介護士として現場一筋で働いてきた私は、「フロアをまとめる」という大役なんて務まるだろうか、と不安もありました。それでもやってみよう、と決意できたのは、「初めから完璧で無くても良い。難しく考え込まずに、あなたが良いと思うことを重ねていってごらん。あなただから任せられるんだから。」という上司からの言葉があったからです。そして「ご利用者様のため、より良い支援をするためにどうすればいいのかを考えて、スタッフと共に良いフロアにしていってほしい」と、私のプレッシャーや不安を取り除くように、背中を押してくださいました。その言葉が、グラート大今里の立ち上げの際も、支配人に着任した際も、私をずっと支え続けてくれています。支配人となった今、スタッフが不安に陥っているときや、チャレンジへの一歩が踏み出せないときに、今度は私がこの言葉をかけます。自分がやろうとしていることをいつでも周りは支えてくれるし、その安心感がまた次のモチベーションに繋がります。今は慶生会を支える立場として、施設の要であるスタッフを全力でバックアップしていくこと、それが支配人である自分自身への課題であり、法人として慶生会をより確かなものにしていくための課題であると思っています。支配人として2年目になり、これまで取り組んできたことへの結果が求められてくるでしょう。課題をひとつずつクリアし、慶生会というチーム全体でステップアップしていきたいと思っています。

信頼関係を築くこと。それが「本当の支援」への第一歩。

若いころは自分の理想を追い求めてしまうことがあると思います。「これをやれば喜んでもらえるはず」「こんなにがんばっているのに、どうしてわかってもらえないの?」って。悪いことではありません。でもそれが「本当の介護」と言えるのかというと、そうではありません。ご利用者様、ご家族様が何を求めていらっしゃるのか、お聞きして、感じることが大切なのです。介護者が思う理想を押し付けてしまうと、決して満足はしていただけません。いただいたお言葉やご様子から、その対応がベストだったのかを振り返ることが必要です。そして最も大切なのは、信頼です。ご利用者様やご家族様から、「何をしてほしいのか」「何が嬉しくて、何が嫌なのか」といった、本音を言っていただける信頼関係を築くこと。私はそれこそが「本当の介護」に繋がると思うのです。介護士、フロアチーフ、そして支配人という今の立場になっても、その思いは変わりません。そしてその思い、考えを、一つひとつスタッフと共有してきました。それぞれ目標は違っても、「ご利用者様が望まれる介護をしたい」という思いは同じです。その根底の部分がしっかりとしたものであれば、介護者として、社会福祉法人として、着実にレベルアップしていくことができるはずです。私はまずその基盤を作る役割を担い、ご利用者様とご家族様、スタッフ、携わる全ての人が信頼で結ばれている、そんな介護を実現したいと思っています。

あなた自身の価値、それが慶生会を支える力となります。

介護士は「誰かの役に立ちたい」という思いを叶えられる仕事です。だからこそ、大変なこともたくさんありますが、私は現場で介護士として働いているときも、管理職に就いた今も、ご利用者様からの「ありがとう」、スタッフからの「ありがとう」で、どんなときも乗り越えてこられました。介護の仕事は、力仕事も多いですし、何より毎日が対「人」なので、コミュニケーションの取り方に悩みを抱えてしまう時期もあるかもしれません。それもあり、「長く勤めることが難しい」というイメージを持たれている人も多いです。私はその現状を、施設を導く側として変えていきたいと思っています。つらいと感じてしまう時期にはよりどころを、目指すところがわからない人には目標を、成長したい人にはステップアップの機会を与えられるようになりたい。そして、矛盾を感じながら仕事をしなくてはいけない環境には絶対にしたくないと思っています。私がそうだったように、介護の仕事にやりがいを感じ、介護業界を支えていきたい、もっともっと良くしていきたい、という志を持つことができる、そのような施設にしていきたいと思っています。
介護士はすばらしい仕事です。自分の行動、言葉、表情、そのすべてが価値となるのですから。「私に介護士ができるのかな?」と不安に思っている方、私も慶生会も全力でバックアップするので安心してください。最初は手探りでも大丈夫。「本当の介護」ってなんだろう、それを一緒に考えて、考え続けて、共に慶生会を作っていけたらと思います。

一覧へ戻る