スタッフブログ 瑞光苑

  • 瑞光苑
  • 和光苑
  • 舎利寺リハビリテーションセンター
  • グラート大今里
  • 和光苑北条ふれあいホーム
2008年1月 8日
新年1回目の手作りおやつ「さつまいも蒸しパン」☆彡

H20.1.8%82%B3%82%C2%82%DC%82%A2%82%E0%8F%F6%82%B5%83p%83%93.jpg
  
    
   
色合いが淡くやさしい感じの蒸しパンが仕上がりました☆★
手触りもよくソフトにできていて、食べやすいものになっています(^▽^)/♪

2008年1月 7日
春の七草をご存知ですか?

日本に古くから伝わっている七草。
この七草には、『春の七草』と『秋の七草』があることをご存知ですか?


『春の七草』とは、以下の七種を指します。
 ・芹(せり)・・・・・・・・・・・・・・・川辺・湿地に生えています。
 ・薺(なずな)・・・・・・・・・・・・・別名:ペンペン草
 ・御形(ごぎょう)・・・・・・・・・・母子草
 ・繁縷(はこべら)・・・・・・・・・小さい白い花。「はこべ」
 ・仏の座(ほとけのざ)・・・・・・正しくは田平子(たびらこ)
 ・菘(すずな)・・・・・・・・・・・・・蕪(かぶ) の異名
 ・蘿蔔(すずしろ)・・・・・・・・・・大根の異名
   ※「仏の座」は、シソ科のホトケノザとは別のものです。


 この七種を正月7日に『七種粥(七種粥)』にして食べると、一年間病気せず、健康で過ごせると言われています。
 この日は、一年の五節句の中の一番初め「人日(じんじつ)」にあたります。中国ではこの日に、邪気を祓うために、7種類の菜が入った吸い物を食べたそうです。この習慣が日本の古くからあった、お正月の最初の子(ね)の日に野山に出て若菜を摘み、それを食べる『若菜摘み』といわれる風習と結びつき、現在の『七草粥』の形になったようです。
 この『七草粥』を食べることは、平安時代から慣例となったようですが、最初は貴族の私的な行事でしたが、室町時代以降になると宮中の儀式に取り入れられるより、江戸時代に入ると、五節句の一つとして、将軍、諸侯が『七草粥』を食べる公式行事が定着し、やがて庶民の間に広まっていきました。ちなみに、当時は「コメ、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキ」の7種の穀物の粥を指したようで、鎌倉時代になって、現在の「春の七草」を七草粥の材料になったそうです。


 この風習は、元旦から雑煮やお節の食べ過ぎ、飲み過ぎによる胃腸の疲れを休め、春の光を待ちわびて芽吹く緑黄色野菜の栄養といろいろな薬効を体に取り入れる、先人の優れた知恵ですね。


※ 昔の暦には、年だけでなく日にちにも干支がありました。


 『秋の七草』 とは・・・
 『五節句』とは・・・
    興味がある人は調べてみてはいかがですか (^^

2008年1月 3日
あけましておめでとうございます!

2階では、みなさんでお正月に向けて作成した
貼り絵を飾っています!

みなさんが一生けんめい作ってくださったおかげで、
素敵な作品ができあがりました。

作品の前で写真と撮ったりと、大好評です!

2階へお越しの際は是非ご覧下さい!


2008年1月 1日
明けましておめでとうございます(^^

明けましておめでとうございます。
慶生会も22年目の年を迎えました。
肌寒いが清々しい元日の朝を迎え、専務理事より年頭訓示が在りました。
「慶生会発足当初は職員数23名ではじまったものが、今や当時の20倍
を超える規模になった。これもひとえに職員の努力の賜物です。
しかし、昨年の京都清水寺での世相を表す一字として選ばれた『偽』こ
ついて触れ、まだまだ厳しい情勢であるので驕りや慢心ではなく自信を
持って平成20年を邁進して行きたいと」の挨拶がありました。
今年一年、ご利用者の皆様に安全で安心していただけるサービスを提供して参ります。
今年もよろしくお願いします。

%82%B5%82%E1%82%B5%82%F1.JPG
           ≪平成20年 年頭祝賀会≫

2007年12月27日
チョット、、、今日は眠れないデス!!

DSCF0316.JPG

チョット今日は眠れないです!!只今、夜中の0時!!
私達にもそんな日があります。そんな日は、、、
チョットおしゃべりして、まんじゅう食べて気分転換☆☆
この写真の方々以外にもあと3人起きておられ、
みんなで「まんじゅPARTY」
職員の話になり、なぜあの人は結婚しないのか??やら、
なぜこの人は結婚しないのか??とずっと他人の恋愛話
で盛り上がりました。こと後は、皆様疲れたのか、
ゆっくりと休まれました♪♪おやすみなさい♪♪

|< 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 >|

カレンダー

<   2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

最近のトラックバック