慶生会 委託事業

  • 瑞光苑
  • 和光苑
  • 舎利寺リハビリテーションセンター
  • グラート大今里
  • 和光苑北条ふれあいホーム
2015年10月26日
深江なんでも相談会

こんにちは。東成区南部地域包括支援センターです。

毎月1回第2金曜日の午後2時から午後3時30分まで、

南深江公園地域集会場において地域住民を対象に相談会を開いています。


民生委員協議会、深江南ブランチ、東成区社会福祉協議会、

東成区南部地域包括支援センターのメンバーが相談に対応しています。

福祉や介護のことや生活での困りごとなど、

必要であれば各専門機関と連携をはかりながら

継続した支援につなげていきます。

DSCF1003.JPG


DSCF1002.JPG

2015年10月18日
大東市東部地域包括支援センター "四条ふるさとまつり"

こんにちは!大東市東部地域包括支援センターです。


皆さんは、どのようなときに季節を感じますか?

私はこの1ヶ月、仕事を終えて帰る時に聞こえてくる"太鼓の音色"を聞いて

「あぁ、秋なんだなぁ」

感じていました。


大東市では、伝統芸能である地車が今も存続しています。

そして、今日は地車が一斉に曳行される日。

地元の方に加え、多くの観光客に交じり、上司と同僚と共に伝統芸能を 肌で感じてきました。

上司の長年の経験から、ベストポジションをゲット!

近づいてくる太鼓の音色に、地車を曳く人の掛け声に、見ているだけで血が騒ぎます!!

DSC01039.JPGDSC01057.JPGDSC01047.JPGDSC01048.JPGDSC01035.JPG

DSC01041.JPGDSC01034.JPGDSC01042.JPG

各町のそれぞれ趣の違う地車に感動!!

さらに、いつにも増して地域の役員さんの凛々しい姿に感動!

「昔は曜日に関係なく、20日に地車を曳いてたんやで。今は、若いもんも少なくなってるし、平日やと坂を上られへん。だから、土日になったんやで。」

と教えてくださいました。


大東市においても、少子高齢化は進んでいます。

でも、小さい子供から高齢者まで地域が一体となる伝統芸能がこれからも続いてほしい。
にぎやかで活気づいているこの空気を味わいながら、そんなことを思っていました。


私もいつのまにか、大東市の虜です^^

2015年10月13日
新生野ブランチ ☆巽東はーとちゃん教室(平成27年10月7日)☆

こんにちは!新生野ブランチです。
巽東ハートちゃん教室で体力測定を開催いたしました。

まずは生野区保健福祉課の保健師さんからの説明。
皆さん真剣です

IMG_0498.JPG
身長・体重を計ります。ボランティアさんが測定。
自分の身長にびっくりされる方も...↓
IMG_0500.JPG
保健師さんに血圧測定。『はい、深呼吸』↓

IMG_0502.JPG

こちらは血管年齢の測定風景です。
血管の年齢が分かります。皆さん結果に緊張気味。↓

IMG_0508.JPG

次は片足立ち。『さあ、何秒いけますか?』↓

IMG_0506.JPG

長座前屈。説明を聞かれています。↓
IMG_0504.JPG
写真の他に握力測定などもさせて頂きました。
最後に保健師さんから数値の説明を受け皆さん一喜一憂されていました。。

ハートちゃん教室に見学・参加希望の方は下記へご相談下さい。


【ご相談のある方はこちら】
住所 大阪市生野区巽東4丁目11-10(瑞光苑内)
電話 06-6758-0088(瑞光苑)
担当 高野 照久
☆相談無料・秘密厳守・お気軽ご相談下さい。

2015年10月 8日
黄昏料理教室~男の自立は料理から~

こんにちは。東成区南部地域包括支援センターです。

9月29日、東成区南部地域包括支援センターの主催で男性向け『黄昏料理教室』を開催いたしました。
 包括の活動の中で地域行事に参加される男性が少なく、打開策として「気軽に男性が集える企画」を計画しました。今回はその記念すべき第1回目です。テーマは"男性でも簡単に作れる減塩おかず"です。講師は当法人特別養護老人ホーム瑞光苑より玉木管理栄養士を迎え、ご飯にもビールにも合う「減塩」で「低カロリー」のおいしいおかずを3品作りました。(ご飯1杯またはビール1杯を合わせても、カロリーは大幅ダウンなのです!!)

日ごろはなかなか台所に立つ機会がない少ない男性にとって、初体験となる作業も多く悪戦苦闘しながらも積極的に調理に参加して下さいました。「こんなに楽しいとは思わなかった。」「ぜひ、またの機会を作って欲しい。」との声をいただきました。

まずは、講師からの説明
1443499431221.jpg

「次は、皆さんでお買い物に行きましょう♪」

1443500736980.jpg

「さあ、それでは調理スタート!」

1443504066331.jpg

「大変おいしく頂きました♪」

1443505060696.jpg

これからも様々な機会を通して包括を知って頂き、介護予防や健康への意識を持って頂けるような取り組みを行っていきたいと思います。

2015年10月 5日
泉南市 まちあるき声かけ体験(徘徊高齢者模擬体験)の視察

こんにちは。東成区南部地域包括支援センターです。

9月8日午後より、「まちあるき声かけ体験」に参加させて頂きました。

泉南市では「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」の推進を図っています。

道でちょっと気になる高齢者を見かけたときは、地域全体で見守り、自然に声かけが
できる町づくりを目指しています。


毎年、小中学校を対象に認知症サポーター養成講座を開催。

今回は泉南市立新家東小学校5年生の認知症キッズサポーターが参加するかたちでの
「まちあるき声かけ体験」が開催されました。

道に迷っている高齢者への声かけや対応方法を学ぶことが目的です。


20150908_141734.jpg

徘徊者役(オレンジ色のタオルを目印)の人にドキドキしながら声かけ中の様子です。


20150908_140717.jpg

やさしい声かけができたグループには
「お声かけありがとうございましたカード」を渡します。


自治会やPTA、各種関係機関の協力のもと少し照れくさそうに
一生懸命声かけをする小学生の表情がとても素敵でした。

20150908_145213.jpg


東成区南部地域包括支援センターでも各地域で開催する認知症理解啓発の講演会や
認知症予防、介護予防の活動を通して「安心して暮らせるまち作り」を推進して参ります。

|< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >|

カレンダー

<   2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新の記事

カテゴリー

最近のトラックバック