慶生会 委託事業

  • 瑞光苑
  • 和光苑
  • 舎利寺リハビリテーションセンター
  • グラート大今里
  • 和光苑北条ふれあいホーム
2018年4月 3日
復活!はーとちゃん教室

20180403152753.pdf (30年度の予定表です)

 

    はーとちゃん教室 毎月第一火曜日13:30~15:00 新巽東会館老人憩いの家にて開催されました。
    2次予防事業が無くなり29年度は中止となっていましたが、今年度復活!!                                       
    参加者⇒巽東高齢者 以前は(2次予防)認定が出ていない方のみの参加でしたが
    どなたでも自由に参加できるようになりました
    本日の内容は、栄養講座 講師 ヤクルト 高橋先生 面白おかしく栄養の勉強会!
    ヤクルトをプレゼントで頂きました!   今回は12名参加

    次回は5月1日(火)《認知症予防について》です。

    たくさんのご参加お待ちしております(^^♪
    
    予定表をみて興味ある方は 新生野ブランチ 06-6758-0088 担当 高野までお問い合わせ下さい。

IMG_2029.JPG

2018年3月29日
◇東生野地域包括支援センター 2017年度のふりかえり 東小路おはなしひろば編◇

こんにちは。

東生野地域包括支援センターです。

 

今年度も、「東小路おはなしひろば」を4回にわたり開催しました。

 

★FullSizeRender2.jpg

 

この取り組みは、「誰でも参加できる、地域の駆け込み寺をつくりたい」という住民の思いをきっかけに、

東小路社会福祉協議会主催、生野区社会福祉協議会・東生野地域包括支援センター共催でおこなっているものです。

 

最初は少なかった参加者も、最近では、未就学児を連れた母子や、

「児童いきいき放課後事業」に参加している小学生から、

認知症をもつ高齢の方まで、まさに誰もが参加できる場として、少しずつ地域に根付きはじめたところです。

 

★FullSizeRender.jpg

 

東生野地域包括支援センターの職員は、運営会議にも参加しています。

生野区社会福祉協議会の皆さんに、運営面を支える様々な助言をいただきつつ、

地域のボランティアの方とともに、企画を練ります。心がけているのは、「老若男女が参加できること」。

 

2017年度は、七夕の短冊づくり、クイズ大会のほか、

クリスマスには音楽ボランティアグループ「ひびき」の皆さんによる音楽レクリエーションも企画しました。

 

★IMG_3190.jpg

 

★IMG_5443.JPG

 

毎回、人生の先輩である高齢の方々のあたたかな見守りの中で、自然と思いやりの心がはぐくまれ、

笑顔が絶えることのない「おはなしひろば」です。

楽しみながら、それぞれの役割が活かされる場になっています。

 

東生野地域包括支援センターでは、これからも地域の皆さん、関係機関の皆さんと手を携えながら、

地域づくりに取り組んでいきます。

2017年12月30日
◇東生野地域包括支援センター 認知症講演会を開催しました◇

11月25日(土)東小路地域にて「認知症講演会」を開催しました

(主催:東小路まちづくり協議会、生野区在宅支援ネットワーク会議、生野区認知症高齢者支援ネットワーク会議)。

 IMG_5347.JPG

 

この講演会は、区民の方に認知症の理解を深めていただくことを目的として、

生野区内にある四つの地域包括支援センターそれぞれが年に一度ずつ開いているものです。

 

4年目となる今年は、生野区歯科医師会のご協力のもと、

歯科医師の林昭典先生と、歯科衛生士の吉田規美子先生にご講演いただきました。

 

 

学校歯科の領域でもご活躍されている林先生からは、

はじめに「位相差顕微鏡」を使って、お口の中の細菌を実際に見せていただきました。

 

IMG_5339.JPG

 

その後は、「元気の源は、お口から」と題し、

お口の健康が認知症や生活習慣病の予防につながることをお話ししてくださいました。

 

IMG_5341.JPG

 

吉田先生は、ご自宅で暮らす高齢者の訪問や、介護予防教室の講師などでご活躍されています。

 

IMG_5343.JPG

 

今回は「食べる・話す・笑う」と題し、日常生活で何気なくつかうお口のはたらきに気づき、

健康を保つ工夫を教えていただきました。

 

IMG_5345.JPG

 

参加いただいた皆様からは、

「お口は身体の一丁目一番地」「お口の健康が認知症予防につながるとは驚いた」

「認知症予防やお口の健康について、もっとたくさんの方に知ってもらいたい」など

たくさんのご感想をいただき、好評のうちに終了しました。

 

東生野地域包括支援センターでは、これからも認知症や介護予防に関する普及啓発のために活動していきます。

 

 

2017年11月21日
◇東生野地域包括支援センター 東中川地域認知症予防プログラム「コグニサイズ」◇

 こんにちは、東生野地域包括支援センターです。

7月から10月にかけて、東中川会館で毎月第2・第4水曜日に

認知症予防プログラム「コグニサイズ」の第2期の活動が実施されました。

 

1枚目.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 コグニサイズの目的は「運動で体の健康を促すと同時に、脳の活動を活発にする機会を増やし、

認知症を予防する」ということです。

取り組みの一例としては「足踏みをしながらしりとりを行う」といったことが挙げられます。

 

2枚目.png

 

 

 

 

 

 

 

 



 第2期生は12名の参加があり、みなさん積極的にコグニサイズに取り組んで頂いています。

また、昨年度実施した第1期のメンバーも、2期生へアドバイスをしてもらったりしながら

一緒に参加して頂いており、地域のつながり・社会参加の場づくりにもつながっています。

 

3枚目.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 認知症を予防していくためには、日々の取り組みが大切となってきます。

そのため、東中川のコグニサイズでは、自宅での取り組みについて各自記録に残し

振り返りの機会を設けることや、会館での全8回の活動終了後も毎月自主活動という形で

参加者同士の交流や情報交換の場を作ることで、モチベーションを高く持って

日々の取り組みを続けて頂けるようにしています。

 

4枚目.png

 

 

 

 

 

 

 


 

 参加者からは「コグニサイズに参加するようになり、身体にあまり使っていない筋肉があり、

固まっている筋肉があることや、頭の体操をしていく必要性に気づきました」

「日々運動する習慣もでき、足の痛みも取れてきています」「身体と頭を一緒に使うというのは

難しくて間違えることもあるけれど、みんなで取り組んでいるからこそ間違いも笑い飛ばしながら

楽しんで続けることができています」という感想も上がっており、日々の取り組みの効果を感じて頂けています。

 

コグニサイズ2期生 集合写真.JPG

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 コグニサイズに取り組んで頂くことで、認知症を予防し、元気に地域での生活を続けて頂けるよう、

引き続き地域の方と一緒に取り組んでいきたいと思います。


2017年8月10日
8月4日(金)牧リハビリ病院での勉強会

8月4日(金)牧リハビリテーション病院での勉強会にて「CSWとは?」という内容の話をさせて頂きました。
門真社会福祉協議会のCSWの方と和光苑住道のCSW、二人で行うということで、内容の中に門真市と大東市のCSWの現状・事例などを入れてパワーポイントを使って1時間15分ほど説明をしました。
まだまだ認知度の低いCSW・・・こういう場を作って頂き、私たちも勉強にな20170804 勉強会-3.JPGりました。
普段関わることのない門真市の方とも内容打ち合わせ時にいろいろ話をして、今後の業務に生かせそうな情報の共有も出来ました。

|< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >|

カレンダー

<   2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

カテゴリー

最近のトラックバック